StreamYardのライブ配信

StreamYardのライブ配信

ライブ動画配信サービスをしている企業の中には海外に本社がある企業もあります。StreamYardも国外の企業が運営する動画配信サービスですが、ここでは、このサービスの内容について、詳しく紹介します。

StreamYardのライブ動画配信サービス

サービス名:StreamYard

運営会社情報:
社名StreamYard, Inc
住所8101 SW Nyberg Street Suite 210Tualatin, OR 97062
連絡先contact@streamyard.com
HPのURLhttps://streamyard.com

利用者数:公表無し

有料?無料: 無料と有料の両方のプランあり
有料プランの料金
ベーシック月額25ドル
プロフェッショナル月額月額49ドル

プライベート配信可否:可能

概要解説:
StreamYardは無料でも利用可能なライブ動画配信サービスです。コストをかけずに動画を配信したい人にも向いているサービスです。有料のプランもStreamYardには用意されていて、無料のプランとはサービスの内容が異なっています。無料版のStreamYardは利用できる機能が限られていることが大きなデメリットですが、簡単な動画コンテンツを配信したい場合には向いているサービスです。

StreamYardの有料プランは2つの種類があり、料金が安いベーシックプランは月額25ドルの料金です。年額で料金を支払うことも可能で、年額の場合には1月あたり20ドルの料金になり、1年あたり60ドル安くなります。StreamYardにはプロフェッショナルという上位のプランもありますが、月額利用料が49ドルと高額なところが大きなデメリットです。ですがその分、プロフェッショナルは無料版やベーシックプランでは使えない機能を使用して、ライブ動画を配信することも可能です。プロフェッショナルも年額で利用料金を支払うことができ、年額で支払う場合1月あたりの料金は39ドルとなり、月額制で支払うより1年あたり120ドル安くなります。

プロフェッショナルプランは最大で8つの異なる場所に同時に動画を送信できる機能が搭載されいているので、さまざまな場所に自社の動画を配信したい企業にとっては、料金が高額でも利用する価値のあるサービスです。ベーシックプランでも最大で3つの異なる場所に、動画を同時に送信できます。送信したい場所が限られている場合には、ベーシックプランでも十分に対応できます。プロフェッショナルは配信できる動画のクオリティが高いことも特徴で、Full HDに対応しており1080pの解像度です。自社の広告を高画質の動画を使用して配信したい企業にとっても、プロフェッショナルは最適のプランです。

無料版のStreamYardは、毎月の使用料金を支払わなくても使用できる便利なサービスですが、さまざまな場所にストリーミングでライブ動画を配信できる機能を利用できます。ですが、無料の分、有料のプランにはない多くのデメリットもあります。特に大きなデメリットは、配信する動画にStreamYardのブランドマークが表示されることです。ブランドマークが画面内に表示されるとユーザーが動画に集中できなくなる場合もあるので、ブランドマークを表示させずに動画を配信したい場合には、有料のサービスを利用した方がおすすめです。無料版はストリーミング配信できる時間にも一定の制限があります。

無料でも使用できるStreamYard

StreamYardは、無料でも使用できるライブ動画配信サービスです。複数のプラットフォームから同時に配信できる機能もあり、多くの人に動画を見てもらいたい企業にも利用しやすいサービスです。実際に使用してみればさらに機能を理解できるので、この記事を読んで興味を持たれた方は、試しに無料版を使用してみてはいかがでしょうか。