Facebookのライブ配信の特徴を紹介

Facebookのライブ配信の特徴を紹介

Facebook によるライブ配信サービスが注目を集めています。ここでは、どのようなサービスなのか、そのメリットやデメリットについて幅広く紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

Facebook の配信サービスとは何か

Facebookは非常に人気の高いSNSの1つであり、その利用者数は月間で20億7000万のアクティブユーザーと言われています。その Facebookのライブ配信動画サービスを Facebook Liveといいます。文字通り配信者は無料で視聴者に向かってライブ配信をすることができますし、特定の視聴者に向けたプライベート配信も簡単な設定で行うことも可能です。かつてはインフルエンサーと呼ばれる知名度の高い人しかできなかったのですが、現在は誰でも配信できます。

Facebook Live の特徴

Facebook Liveの特徴は親近感があることでしょう。芸能人を含めたインフルエンサーと一般の視聴者が直接コミュニケーションをリアルタイムで取ることができますので、従来あった距離感が一気に縮まりました。配信者は動画で自身を表現し、視聴者はコメントを通して配信者にメッセージを送ることで双方向的なやり取りができます。しかも、Facebookは他の配信サービスとは異なって事前に実名登録を行うので、配信者と視聴者の距離がより近いです。

Facebook Liveのメリットとデメリット

Facebookのライブ配信サービスを利用することのメリットはいろいろなものがあります。その1つは利用者数が圧倒的に多いことでしょう。Facebook自体のユーザー数が全世界で23億人を超えますので、さまざまな人々と交流をすることが可能です。語学力のある人であれば、国内に向けた配信だけでなく海外ユーザーをターゲットにしたライブ配信もできます。うまくいけば膨大な数の視聴者を獲得することになるでしょう。

また、ライブ配信した動画を保存することができることも大きなメリットの1つです。そのため、リアルタイムで見ることができなかった人々にもライブを視聴してもらうことができます。これが視聴者数獲得にもつながります。さらに、視聴するだけならアカウント登録が不要ということも挙げられるでしょう。他のライブ配信サービスの中にはアカウント登録をしないと視聴ができないものもありますが、Facebookの場合は視聴するための敷居が低いのです。これはライブ配信者にとっても視聴者にとっても大きなメリットです。他にも、視聴者ターゲットをグループ化することができることもメリットの1つです。これによって特定のグループのみに配信することができます。配信を一般の人々にまで公開したくない人にはおすすめの機能でしょう。

もちろん、デメリットもあります。20代を中心とした若年層が離れつつある傾向にあるので、全年齢を対象にしたライブ配信をしたいならそれ相応の工夫が必要になります。

運営会社の情報

Facebook の運営会社の情報については下記の通りになります。

運営会社情報

社名:Facebook, Inc.
住所:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパーク ハッカーウェイ1番
連絡先:報道関係者の問い合わせについてはpress@fb.com
HPのURL:https://about.fb.com/

Facebook の規模は最大級

世界的規模で流行している Facebook の配信サービスを利用すれば多くの視聴者数を獲得できる可能性があります。やってみたいと思っている人はトライしてみてもいいかもしれません。